天然サプリメントと合成サプリメントの違いを考える!!


天然サプリメントと合成サプリメントの違いを考えてみましょう!


天然と合成のサプリメントとの違い


合成サプリメントというのは、「科学薬品な


どを合成して作りあげたもの」で、天然の素


材だけで作ったのが天然サプリメントなので


す。 しかし、現在天然サプリメントにも2


種類があって、「天然素材からビタミンを合


成的に作りあげる物」と、「天然の食物を殆


どそのまま栄養素として利用している物」で


す。 解かりやすいように、簡単に分類する


と次の3つに分けることができます。


(1)化学合成サプリメント


(2)天然素材を利用して、化学合成したサ


   プリメント


(3)完全な天然サプリメント


まず、解りやすい違いを述べますと、1→2


→3と下にいくほど値段は高くなります。


そして1→2→3と下にいくほど製造メーカ


ーと扱っているお店が少なくなっていきます。


つまり「化学合成サプリメント」は価格も安


く、様々なメーカーが製造していて、どこで


も手軽に買う事ができるのですが、反対に


「完全な天然サプリメント」は価格も高くな


って、製造しているメーカーが少ない上に売


っているお店も少ないという状態です。


つぎに本当にサプリメントを摂取した時の働


きの違いなのですが、ビタミン単体での際は、


合成も天然も殆ど変わらない物もあるし、ビ


タミンEの様に天然の方が抗酸化力の高い物


もあるのです。


ただ「化学合成サプリメント」も「天然素材


を利用し、化学合成したサプリメント」も成


分表に書いてある、ビタミンやミネラルしか


入っていません。


ところが「完全な天然サプリメント」の場合


は、食物がもともと持っているカロチン郡、


フラボノイド、ファイトケミカルをも同時に


取込めます。 これら物質を説明すると、さ


らに長くなるので割愛しますが、簡単に言う


とビタミンの働きを助けたり活性酸素を除去


したり、人に有用な働きを示すことが知られ


ています。 ですので、「完全な天然サプリ


メント」を選択するのが賢明ですが、値段が


すこし高く、コンビニなどで手軽に買えない


し、他の物がけっして悪いというわけでは無


いので、予算と相談をしながら自分が望んだ


健康スタイルに合わして選択するのがいいと


思います。  


天然サプリメントと合成サプリメントの違い


栄養素の吸収率や身体への負担を考えれば、


品質的に優れたものと言えば当然、天然のも


のに軍配が上がるでしょう。


その主な理由としては、吸収率の向上が挙げ


られます。 通常、栄養というのは単体では


摂ることはできません。


食事から摂る場合においても、必ず数十種類


の栄養素を一度に摂っているのです。


実は人間の身体というのは、このような摂取


方法に合わせたメカニズム、つまり、いくつ


かの栄養素を一緒に摂るほうが吸収しやすい


ようになっているのです。


例えば、ビタミンCの場合、まったく同じ化


学式を持った「アスコルビン酸」と比べると、


その吸収率は約1:0.5、ようするに半分程度と


言われているのです。


なぜ、これほどまでに異なるかと言えば、天


然のビタミンC、例えば、レモンから抽出され


たビタミンCというのは、"タンパク質、糖質、


脂質などの微量の栄養素(=不純物)"が混じ


っていて、それらが吸収をサポートしていく


のです。 「えっ、不純物?」と考えられる


方もいるかもしれませんが、実際はこれが吸


収率に大きな影響を与えているのです。


また、人間の身体というのは、自分の健康を


維持するために、「不要なものを体外に排出


する」と言う機能があるのですが、合成のも


のは、ここで引っかかってしまう事が多くあ


るようなのです。


合成物の原料というのは石油などが使用され


ていますので、身体が拒否するため、そのだ


いたいを排出してしまうというのです。


しかも、その時に、胃腸に負担をかけてしま


い、場合によっては胃痛や胃もたれなどを起


こすケースもあるようです。


天然サプリメントと合成サプリメントの見分け方


○まず、その違いというのは、正確にそして


確実に値段に反映してくるのです。


したがって、非常に安いものはまず合成と考


えて間違いはないと思います。


○海外サプリメントというのは合成のものと


天然成分由来とほぼ半数のようなのですが、


日本製は残念ですが、合成のものがほとんど


といったところです。


○カプセルや錠剤の「見た目が悪いもの」は


天然成分のものが多いようです。


天然成分のカプセルや錠剤は原料の色が混じ


っているのできれいにはならないのです。


当然、カプセルや錠剤を2つに割って中を見て


も同様です。 反対に合成の錠剤は、白っぽく


てきれいなものが多いのです。


凝固剤や添加物、着色剤を利用して、光沢が


あったり、きれいに飲みやすく加工してある


場合が多いのです。


○独特な強烈なにおいがするし、味わうと、


「複雑な味(まずいですが)」がするものは


天然なのです。 一方、合成の粉末や錠剤は、


飲みやすくする為に、ほぼ無味無臭なのです。
 

○カプセルの場合は、継ぎ目がないものは合


成、あるものは天然です。


特にこのケース、つまり継ぎ目がないものに


関することで、原料には身体によくない添加


物が使用されている可能性が高いのです。


○一方、カプセルでもって継ぎ目のあるもの


というものは、たいていゼラチンを原料とし


ているのです。


ただし、ゼラチンには牛を原料としているも


のもあるので、できれば、より安全で身体に


やさしい植物由来のカプセルがベストなのです。


ちなみに、植物由来のカプセルというのは2倍


以上のコストがかかる為ほとんどは、採用さ


れていないようなのです。


最近は、合成のものはいくらでも具術的には


細工が可能ですので、完全に見分けるまでは


いきませんが、簡単な判断基準にはなると考


えます。



この記事へのコメント

ダイエットの主役はいただき!これからのダイエットはこれに限る!!楽天にゆきましょう。